コンジローマ治療ガイド

性病に感染しない避妊の重要性

性病に感染しないための対策の1つに、避妊があります。
これは望まない妊娠をしないようにすることが性病予防に繋がるというのではなく、避妊具が性病の感染源となる菌やウィルスの侵入を防ぐ働きがあるためです。

代表的な避妊具としては、男性のペニスにつけるコンドームと、女性が服用するピルがあります。
この点、性病予防に効果を発揮するのはコンドームになります。
勘違いしている人がいますが、基本的にピルには性病の予防効果は望めません。
避妊には有効な方法の一つとしてあげられますが、性病の危険性を防ぐことはできませんので、しっかりと理解した上での使用が必要となります。

性病というのは、菌に感染している人と性行為をすることにより、性器を通じて感染します。
男性が感染している場合に、コンドームをつけずに行うと、女性器に挿入されることで菌が感染してしまいます。
一方、女性が感染している場合には、今度は男性が感染してしまうのです。

そのため、コンドームを装着することで、お互いの感染を防ぐことが可能となります。
男性が女性から感染しないよう、女性が男性から感染しないよう予防ができるのです。
もっとも、正しい使い方をしなかったり、途中で破れるなどしては意味がありません。

そのため、コンドーム選びと正しい装着の仕方のマスターが重要になります。
途中で破れたりしないしっかりした素材のものを選び、中で漏れたり、皮膚や粘膜が接することがないよう、しっかり装着しましょう。
男性が自ら装着するのはもちろんのこと、女性も身に付けるよう男性に伝えることが大切です。

しかし全ての性病の感染をコンドームだけで防げるわけではありませんので気をつけなくてはなりません。
オーラルセックスを通じて口内に感染してしまうコンジローマやヘルペスなどの性病もあります。

なお、妊娠を望む場合には、その前に性病検査を互いに受けるようにしましょう。