コンジローマ治療ガイド

尖圭コンジローマってどんな病気?

主に性行為(セックス)を通じて、ヒトパピローマウイルスに感染し、性器や肛門にとがった「イボ」ができる性感染症です。
そして徐々に周辺の皮膚へ感染が広がり、治療をしないとイボが増殖していくという特徴をもちます。

男性と女性では、症状は違うの?

男性の場合は、主に亀頭、陰茎全体から根本などの男性器にイボが出来ますが、痛み・痒みなどの症状は基本的にはありません。
ですが、尿道口の入り組んだ部位にイボができると排尿時に軽い痛みが出ることもあるようです。

女性の場合では、主に大小陰唇、会陰部の外性器のみならず、膣内にもイボが出来ます。痛みはありませんが、まれに痒みを伴うことがあるようです。
また、男女ともにアナルセックスでの肛門皮膚周囲への感染や、オーラルセックスで口腔内へイボが出来ることもあります。

どうやって感染するの?感染の原因は?

主にセックスで、相手と皮膚がこすれ合うことでできるミクロの傷口に、ウイルスが入り込み感染します。
殆どが性行為による接触が感染原因となりますが、稀に胎児が母の産道を通る時に感染するものもあります。

自然治癒する場合があるけれど、放っておいてもいいの?

自然治癒するかどうかは免疫力にも左右されるため、確実性がありません。
また、潜伏期間が3週間から3か月以上もあり、他者へ移す危険性があるので、気付いたら早めの検査と治療を行いましょう。

どうしたら予防できるの?

ヒトパピローマウイルスは、こすれた皮膚の傷口からうつるという感染経路のため、コンドームが効果的な予防法です。
比較的感染しやすい男性の亀頭部や尿道口、女性の膣頸部などのより内部を守るためにコンドームは非常に有効ですが、例外としてセックス相手が男性器の根本に感染していたり、アナルセックスでは完全には予防できません。

また発症しないためには、常日頃からバランスの良い生活を送ることが大切です。
非常に感染しやすい尖圭コンジローマですが、免疫力が正常に保たれていれば、発症し辛く、自然治癒することも可能です。

自宅で調べることはできる?

陰部を他人に見られることが恥ずかしいといった場合、性病検査キットが通販で販売されています。
ポストへ自分で採取した検体を提出し、検査機関で検査してもらうものと、個人輸入で海外の検査キットを購入し、自分で検査方法も見られるものとがあります。