コンジローマ治療ガイド

カリフラワー状・乳頭状のイボ

尖圭コンジローマは、男女ともに感染する可能性がある性病です。
ヒトパピローマウィルスというウィルスによって感染し、その症状としてはカリフラワー状や乳頭状のイボが性器や肛門の周辺にブツブツとできます。

当初は痒みや痛みなども感じないため、イボができても気づきにくいです。
次第にむず痒さを覚えたり、イボが大きく成長して痛みを感じるケースも出てきます。

治療法としては、クリニックでの電気メスでの焼却や軟膏の塗布が一般的です。
もっとも、患部が性器周辺であるだけに、医師に診せて治療するのに抵抗がある方は少なくありません。

アルダラクリームなら自宅で治療ができる

そこで自宅でもできる方法として、アルダラクリームの使用が考えられます。
アルダラクリームは、患部に塗布することで、免疫細胞の機能を高め、ウィルスに罹患して異常化した細胞が増殖したり、活性化するのを封じ込める効果があります。
尖圭コンジローマの原因であるヒトパピローマウィルスにも効果的で、正しく使用し続けることでイボを消滅させてくれます。

使い方は清潔な状態にして、就寝前にアルダラクリームが見えなくなるまで、優しく塗り込みます。
使えるのは性器の周辺や肛門周辺のイボで、肛門および膣内部には使えません。
毎日ではなく、1日おき週3日を目安に使います。
いったん塗ったら6時間から10時間は入浴やシャワーを控え、放置する必要があります。
その後、石鹸と水で洗い流します。
イボがキレイに消えるまで、最大16週間使用を続けます。

アルダラクリームの購入

日頃の予防が肝心

異常を感じたらまず検査を受けましょう。その上で適切な治療をしなければなりません。
しかしながら、感染しないように心掛けることがまず第一に求められるでしょう。
ほとんどの場合がセックスによる感染になります。
また、コンドームを着用することで防げる場合も多いです。
その為、日頃からコンドームを使用する、不特定多数の人と関係を持たないなど、通常の性病と同じような予防をとる必要があります。